イベント

美術講座「劉生から見た椿貞雄」

2018.06.02(土)

  • 申込不要
  • 定員70名
  • 聴講無料

椿貞雄《静物(りんご)》1921年 米沢市上杉博物館

椿貞雄の画業は、岸田劉生の存在なくしては語れないほど、劉生の椿への影響は大きなものでした。そして劉生にとっても、5歳年下の椿は、自身の芸術を尊敬し、ともに絵の道に精進する頼もしい弟子でした。劉生から見た椿の芸術についてお話いたします。

 

日時:6月2日(土)14時〜15時30分

講師:森山秀子(久留米市美術館副館長)

会場:本館1階多目的ルーム      

定員:先着70名(聴講無料)

ページの先頭へ