聴く|イベント情報|石橋文化センター | バラフェア
バラフェアタイトル
  • 開催期間 2017年4月29日(土・祝)~5月21日(日)
  • 開園時間 10:00~17:00
  • 入場無料 月曜休館

イベント情報

聴く

ローズガーデンガイドツアー

バラ園の解説を受けながら園内を周るツアーです。

ガイドツアー.jpgバラ園の解説を受けながら園内を周るツアーです。

期間:5月3日(水・祝)~7日(日)、5月13日(土)、14日(日)

時間:12:45~13:15

集合場所:正門

※雨天中止

≫ 続きを読む

  2017/03/08   久留米文化振興会スタッフ

ローズガーデンコンサート

バラ園の中でバラに囲まれながら楽しむコンサートです。

期間

5月4日(水・祝)~5月5日(木・祝日)のゴールデンウィークイベント

5月7日(土)~5月8日のメインイベント

時間

①12:00~12:30 ②14:30~15:00

※雨天会場は久留米市美術館1階

5月3日(水・祝)

Dejima Quartet

Dejima quartet

永留 結花(フルート) 本村 律子(ピアノ) 福井 章二(ベース) 西村 忍(パーカッション)

2008年結成。フルート奏者の永留結花を中心にピアノ・ベース・パーカッションの4つの楽器で編成されるインストバンド。長崎県大村市を拠点に県内外の様々なイベント等に出演中。多彩な楽曲とアレンジによる演奏活動を展開している。クラシカルな楽器とポップな楽器との融合により作り出される独創的な世界観が、幅広い年齢層から支持されている。

 

5月4日(木・祝)

福田 真央(ソプラノ) 吉本 令子(ピアノ)

福田真央

福田 真央(ソプラノ)
大分県立芸術文化短期大学音楽科声楽専攻卒業及び同大学専攻科修了、修了演奏会出演。第54回西日本新人演奏会(現 西日本国際音楽コンクール)出演、審査員奨励賞受賞。 学生の頃より福岡を中心に演奏活動を行う。唐津市河村美術館クラシックコンサート等に出演。オペラ「魔笛」パミーナ役、オペラ「フィガロの結婚」スザンナ役で出演。 新宮文化芸術振興財団主催市民オペラ「カルメ ン」ミカエラ役で出演。2011年福岡オペラ研究会主催、澤田康子演出によるオペラ「カバレリアルスティ カーナ」ローラ役で出演。 また、病院・介護施設での演奏など、積極的なボランティア活動も行っている。 阿部容子、三林輝夫の各氏に師事。

吉本令子

吉本 令子(ピアノ)
久留米市在住。福岡女子短期大学音楽科ピアノ課程卒業。くるめ新人演奏会出演。現在、ブライダルやセレモニーでのソロ演奏、器楽、声楽や吹奏楽など様々な形のアンサンブルを中心に各地で活動中。2008年よりバレリーナ モンセラット・フォーナーとのパフォーマンスも手懸ける。筑豊交響楽団のメンバーとして、2006年に中日友好協会主催の晩餐会での演奏・南京芸術学院の交流演奏、2007年、2008年に韓国・釜山の仁済大学での交流演奏にも参加。また、ピアノ教室や地域の子どもの音楽教室など、後進の指導にも意欲的にあたる。

 

 

5月5日(金・祝)

どんでばもす

池田慎司(ギター)、壇遼(ギター).jpg

池田 慎司(ギター) 壇 遼(ギター)

特定のジャンルやコンセプトを持たず、ただひたすらギター独自のアンサンブルの魅力を探し続けている。そのためレパートリーは実に雑多であり、クラシックレパートリーをはじめ、スペイン音楽、タンゴやショーロといった南米音楽、また邦人作品や地元•大川の古賀政男レパートリーのギターデュオへのアレンジにも力を注ぎ、県内でのライブ活動を展開している。

5月6日(土)

田村 朋弘(チェロ)荒巻 清香(ヴァイオリン)戸田 友紀子(ピアノ)

tamura.jpg

田村 朋弘(チェロ)
9歳でチェロをはじめる。大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻を卒業、同大学専攻科を修了。第4回別府アルゲリッチ音楽祭若手演奏家コンサートに出演。2008年別府市民交響楽団演奏会でソリストを務める2009、2011年バッハストリングアンサンブルのメンバーとしてイギリスでの演奏会に出演、ソロ、室内楽、オーケストラ、録音など幅広く演奏活動を行っている。 第五回九州音楽コンクールにて金賞および最優秀賞を授賞。第十三回おぢか国際音楽祭にてマスタークラスの講師を務める。 これまでにチェロを清水潔子、飯塚雅史、渡辺紘二郎、市博成の各氏に師事室内楽を良永季美枝氏に師事。 現在ゼーレトリオ、 N-states qualtet、Duo Fuga、バッハストリングアンサンブル、オーケストラスタイルK首席奏者として活動。 音楽教室Tutti、熊本大谷楽器チェロ講師、大分県立芸術文化短期大学非常勤講師、 iichikoグランシアタジュニアオーケストラ講師、福岡室内楽協会会員。

荒牧清香(ヴァイオリン)

荒巻 清香(ヴァイオリン)
福岡女学院高等学校音楽科、福岡教育大学芸術コース卒業、同大学院修了。これまでにヴァイオリンを田中令子、石井清美、三木妙子、原田大志、後藤龍伸の各氏に師事。2002年、北アリゾナ大学に留学。ヴァイオリンをビクター・リーバ氏、室内楽をリタ・ボーデン、ミッシェル・サリバンの各氏に師事。2003年、フラッグスタッフ交響楽団のヴァイオリン奏者として活動を行う。第2回九州音楽コンクール金賞及び審査員特別賞受賞。響ホール室内合奏団ヴァイオリン奏者、福岡女学院中学校・高等学校非常勤講師を経て、現在は同学校音楽科教諭。

toda.jpg

戸田 友紀子(ピアノ)
3歳よりピアノを始める。大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻を卒業及び、同大学音楽専攻科を修了。
Waon、デュオフーガ、KMAのピアニストなど室内楽、室内合奏のチェンバロ奏者、バレエピアニストなどの演奏活動の他、小・中・高校でのコンサートや音楽教室など幅広く活動を行っている。
2010年には宗像にてオーケストラ style-Kとラフマニノフピアノ協奏曲第2番を共演。宮崎県独唱独奏コンクール金賞、宮崎音楽コンクール最優秀賞受賞。
ピアノを寺田洋子、中鍋美智子、小川詠子、斎藤美代子、釈迦郡誠の各氏に、室内楽を良永季美枝氏に師事。

 

5月7日(日)

中西 弾(ヴァイオリン)比留間 光悦(ピアノ&ボーカル)納富 沙弥香(パーカッション)

 

「中西 弾」写真.JPEG

中西 弾(ヴァイオリン)

福岡教育大学音楽科芸術コース卒業。長崎県新人発表演奏会、西日本出身新人紹介演奏会に出演。第10回宮日音楽コンクールにて優秀賞を受賞。川口千穂、故松村英夫、松野弘明、豊嶋泰嗣の各氏に師事。現在、九州を中心にソロ、室内楽、オーケストラなどで活動中。OMURA室内合奏団団員。

「比留間 光悦」写真.jpg 比留間 光悦(ピアノ&ボーカル)

福岡県を拠点に全国様々な場所で年間150本以上のライブ活動をこなす。時代にとらわれない曲作り・・・家族やまわりの人との繋がり、自然の優しさなどを詩に託し、CM・ドラマ・ミュージカルなどへの楽曲提供など、幅広い分野にてエンターテイメント活動を行っている。「フワフワ」「Smile」「アートフラッシャー」「がんばれミランバくん」4枚のアルバムをリリース。

「納富 沙弥香」写真.JPEG

納富沙弥香(パーカッション)

・福岡県出身。4 歳よりパーカッション、12 歳よりマリンバを始めるPercussion,Timpani,Marimba を関修一郎、神谷百子、中谷孝哉、樋口睦美の各氏に師事。ベルリンフィルソロティンパニ奏者ライナー・ゼーガース氏のマスタークラス受講生。第11回全日本選抜吹奏楽大会出場。平成音楽大学卒業後、海上自衛隊音楽隊打楽器奏者として約10年間在籍。現在、フリー奏者としてプロオーケストラ、吹奏楽団のエキストラ出演や演奏指導等を行う。また、TVレギュラーやCM、雑誌等でMC・タレント・モデル業も行っている。

 

5月13日(土)

榎本 圭(ピアノ) 吉田 さや佳(クラリネット)

プロフィール写真(榎元圭).jpg

榎元 圭(ピアノ)

福岡教育大学大学院演奏学修了。ピアノを和田悌氏、吉田真理氏、声楽を原尚志氏、大屋省子氏、和声を内山信氏に師事。NHK交響楽団第1コンサートマスター篠崎史紀氏、同次席チェロ奏者藤村俊介氏、元札幌交響楽団コンサートマスター三上亮氏、元九州交響楽団首席チェロ奏者原田哲男氏、ヴァイオリニスト・ヤンネ舘野氏らと共演。2013年、ミュンヘン国立音楽大学にてミュンヘン国際音楽セミナー修了。2015年、ロシアにてサンクトペテルブルク国立アカデミー交響楽団とショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第2番を共演。現在、歌曲・室内楽・合唱やオーケストラ、協奏曲のピアニストとして活動中。病院や学校などへのアウトリーチ、訪問演奏のピアノも務める。ドイツ歌曲研究会『福岡ゾリステン』会員。西日本オペラ協会ピアニスト。

image1.jpg

吉田 さや佳(クラリネット)

福岡県出身。関西を中心に、ソロや室内楽を中心とした演奏活動の他、九州交響楽団の演奏会に客演奏者として参加する等、オーケストラ奏者としても活動。第58 回 西日本国際音楽コンクール管弦楽部門にてNHK福岡放送局賞受賞。国内で開催された各国際マスタークラスにて、フローラン・エオー、ジェローム・ヴォワザンの各氏に師事。東京国際芸術協会より受講費全額免除を受け、ウィーン国立音楽大学でのウィーンナームジークセミナーを受講。選出者コンサート出演、ディプロマ取得。同セミナーにて、クルト・シュミット、クルト・フランツ・シュミットの各氏に師事。クラリネットを原口晃二、タラス・デムチシン、藤井一男の各氏に師事。 

 

 

 

5月14日(日)

緒方 愛子(ヴァイオリン)小林 真裕美(チェロ)

   
緒方愛子pic.png 緒方 愛子(ヴァイオリン)

熊本県菊池市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。福岡教育大学卒業。同大学大学院修了。在学中に熊本県新人演奏会や北九州芸術祭に出演。日本演奏連盟主催のオーディションに合格し、九州交響楽団とショーソン作曲「詩曲」を共演。ソロや室内楽の演奏で国内外の音楽祭に参加し研鑽を積む。現在、ソロや室内楽、オーケストラの客演演奏をはじめ、宗像ユリックスや熊本県立劇場のアーティストとしてのアウトリーチ活動等、各地で演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたっている。

小林真裕美.JPG

小林 真裕美(チェロ)

千葉県出身。東京音楽大学卒業。3歳からピアノ、15歳からチェロを始め、これまでに崎野敏明、苅田雅治、三森未來子の各氏に師事。卒業後はフリーの演奏家としてクラシックからポップスまで様々なジャンルで活動している。2014年10月には千葉市美浜文化音楽ホールにて初ソロリサイタルを開催。2015年より福岡を中心に九州各地にて演奏活動を開始。ソロや室内楽、オーケストラの客演演奏などで活動中。

≫ 続きを読む

  2017/03/08   久留米文化振興会スタッフ