コレクション

久留米は、近代以降、青木繁、坂本繁二郎などすぐれた洋画家たちを輩出してきたことで、全国的に知られています。これら久留米出身の洋画家たちを中心として、さらに九州全域へ目を向けた、九州洋画の体系的コレクションを形成していきます。

坂本繁二郎

本作は、フランスから帰国後まもなくの頃、久留米郊外の筑後川放水路の上の雲を描いたもの。
空が画面の大半を占め、なかでも雲が画面の主役となっている。
坂本は、3年後の1927年にもほとんど同じ構図の作品を描いており、京都国立近代美術館に所蔵される。
1927年の作品と比較して、山々や雲の描写が荒削りな点も魅力的でさえある。

坂本繁二郎《放水路の雲》
1924年 油彩・カンヴァス
坂本繁二郎《放水路の雲》

髙島野十郎

蝋燭は、野十郎が初期から晩年まで描き続けてきた題材で、個展で発表されることはなく、親しい友人らに直接贈られたという。
数十点残る蝋燭の絵は、テーブルの上に直接蝋燭が載せられ、署名のないものがほとんどであるが、本作は小皿に乗る蝋燭が描かれ署名まであるところが大変珍しい。

髙島野十郎《蠟燭》
油彩・板
髙島野十郎《蠟燭》

児島善三郎

本作品は、1950年代の花と壺の静物画を描いた作品群の中でも、非常に完成度が高い。
李朝の染付らしい壺は、多少の陰影によって立体的に処理され質感と量感を示す一方、華麗な色彩で画面いっぱいにひろがるミモザの花などや、敷物の華やかな模様は、いかにも平面的に様式化され、児島独自の静物画の特徴が表れている。

児島善三郎《ミモザその他》
1957年 油彩・カンヴァス
児島善三郎《ミモザその他》
ページの先頭へ