イベント

石橋正二郎記念館ファミリープログラム

正二郎さんのことを知って、廃タイヤでキーホルダーをつくろう

2021.3.28(日)

  • 開催終了
  • 要事前申込
  • 定員になり次第しめ切り

 

 石橋正二郎氏は1889年久留米生まれの実業家です。
地下足袋やゴム靴の製造を経て1931年にはブリッヂストンタイヤ株式会社(現・株式会社ブリヂストン)を創業したことで知られています。また文化事業にも関心が深く、美術館の設立や数多くの寄付活動を行いました。
 当館の前身である石橋美術館も正二郎氏が設立した美術館のひとつです。石橋文化センター内にある石橋正二郎記念館では正二郎氏の人となりや功績を紹介しています。
今回のファミリープログラムでは紙芝居やクイズで正二郎氏のことを知り、廃タイヤ素材でキーホルダーを作ります。ご家族でお気軽にご参加ください。

日にち:2021年3月28日(日)
時 間:14:00-15:00
対 象:小学生を含むご家族(ハサミを使います)
定 員:4家族(1家族5名まで)
会 場:石橋正二郎記念館2偕
参加費:無料。ただし、大人は記念館チケット(300円)か本館で開催中の髙島野十郎展チケットが必要。
申込方法:①-③を記入の、web申込→、ハガキ、FAXでお申し込みください。①参加者全員の氏名(フリガナ)、と年齢 ②郵便番号、住所 ③電話番号
申込先:ファミリープログラム係
〒839-0862 久留米市野中町1015 久留米市美術館
FAX:0942-39-3134

しめ切り:定員になり次第しめきります。応募状況は当館HPでお知らせします。
     参加者には郵便でご案内をお送りします。

ページの先頭へ