展覧会

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

2019.08.06(火)-2019.09.08(日)

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

 亀山達矢と中川敦子による二人組ユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)は、絵本やイラストレーションをはじめ、工作や舞台美術、ワークショップや空間デザインなど、様々な分野で幅広く活躍しており、久留米シティプラザの「カタチの森」もプロデュースしています。

 2002年、二人は布雑貨の制作・販売からスタートしました。そして、蛇腹状に飾ることができる絵本『木がずらり』をきっかけに、絵本の世界にも活動の幅を広げ、斬新なアイディアとユーモアにあふれる作品を次々に発表していきます。絵本にパンツをはかせるユニークな造本で注目された『しろくまのパンツ』では、第18回日本絵本賞読者賞と第2回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリを受賞。そして、2018年には『わくせいキャベジ動物図鑑』が第23回日本絵本賞大賞に輝きました。

 本展は、tupera tuperaの軌跡をたどる初めての大規模展覧会です。代表作である絵本原画を中心に、最初期の布雑貨、イラストレーションやアニメーションの仕事など、約300点の作品でtupera tuperaの世界をご紹介します。

 

作品画像はすべて©tupera tupera

見どころ

絵本の原画

tupera tupera の絵本原画の魅力は、色鉛筆やペンによる繊細な筆跡だけではありません。 たとえば《パンダ銭湯》は、絵本で見るとパンダの黒はどれも同じに見えますが、原画で見 ると部分ごとにまったく違う質感の紙が使われていることに気がつきます。描くだけでは なく、紙を切り貼りすることによって生み出される tupera tupera ならではの絵本原画を お楽しみください。

  • 『ワニーニのぼうけん』2008年 婦人之友社
    『ワニーニのぼうけん』2008年 婦人之友社
  • 『パンダ銭湯』2013年 絵本館
    『パンダ銭湯』2013年 絵本館
  • 『12の星のものがたり』2007年 ヴィレッジブックス
    『12の星のものがたり』2007年 ヴィレッジブックス

イラストレーション、アートディレクション

CD ジャケットや教科書の表紙、テレビ番組や演劇など、tupera tupera が活躍する場は、 絵本の世界だけに留まりません。久留米シティプラザのフリースペース「カタチの森」も tupera tupera がプロデュースした空間です。

  • 久留米シティプラザ 賑わい交流施設<br />
「カタチの森」アートディレクション<br />
(2016年4月27日〜)
    久留米シティプラザ 賑わい交流施設
    「カタチの森」アートディレクション
    (2016年4月27日〜)
  • 久留米シティプラザ 賑わい交流施設<br />
「カタチの森」アートディレクション<br />
(2016年4月27日〜)
    久留米シティプラザ 賑わい交流施設
    「カタチの森」アートディレクション
    (2016年4月27日〜)
  • 光村図書『中学校教科書 国語 3年』2012年
    光村図書『中学校教科書 国語 3年』2012年

ものづくりと工作

tupera tuperaの活動が布雑貨からはじまったこともあり、布や木を使った「ものづくり」は、二人の絵本制作の原点ともいえます。活動初期の貴重な布雑貨から、身近なものを使って「作る楽しさ」を伝える立体作品まで紹介します。

  • kuma-san 2003年
    kuma-san 2003年
  • つくってみよう!へんてこピープル<br />
「がちゃがちゃパーティ」2007年
    つくってみよう!へんてこピープル
    「がちゃがちゃパーティ」2007年
  • ぶら下がり人形バッグ 2004年
    ぶら下がり人形バッグ 2004年

基本情報

会期
2019.08.06(火)- 2019.09.08(日)
会場
久留米市美術館 本館1階
入館料
個人 団体
一般 800円 600円
シニア 600円 400円
大学生 500円 300円
高校生以下 無料 無料
前売り (Pコード769-565/Lコード86693) 500円
*団体料金は15名以上、シニアは65歳以上。
*障害者の方は手帳をご提示いただきますと、ご本人と介護者1名が一般個人料金の半額となります。
*前売券はチケットぴあ、ローソン各店にて展覧会開始日の約1か月前より販売。
*メンバーシップ「みゅ〜ず」のミュージアム会員は無料(年間フリーパス特典有り。同伴者1名まで無料)、スタンダード会員は団体料金にてご入館いただけます。
*メンバーシップ「みゅ〜ず」の会員制度は、こちらをご覧ください。
主催
久留米市美術館、毎日新聞社、RKB毎日放送
協賛
株式会社ライブアートブックス
協力
(有)ヤスダフォトスタジオ
後援
久留米市教育委員会
スペシャルパートナー
株式会社ブリヂストン
オフィシャルパートナー
学校法人久留米大学、株式会社筑邦銀行、株式会社森光商店
ページの先頭へ