展覧会

2023年度 展覧会スケジュール

  • コレクションing4 野見山暁治の見た100年

    コレクションing4 野見山暁治の見た100年2023.4.22(土)‐2023.6.4(日)

    作品収集が現在進行形である、という意味を込めた「久留米市美術館のコレクションing」展。第4弾となる今回は、現在の飯塚市に生まれ、100歳を超えてもなお制作活動を続ける画家・野見山暁治(1920-)を中心に取り上げます。本展では、氏から寄贈された8点を含む久留米市美術館所蔵の13点と西日本シティ銀行から寄託を受けている6点の野見山作品を軸として、彼が見つめてきた100年にわたる日本洋画の展開をたどります。

    野見山暁治《顔》1975年 久留米市美術館蔵
  • アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで

    アーツ・アンド・クラフツとデザイン ウィリアム・モリスからフランク・ロイド・ライトまで2023.6.17(土)-2023.8.17(木)

    「ものづくり」の時代を理想とし、暮らしの中に美しいデザインを求めたウィリアム・モリス。その思想に共鳴した英国の作家たちによる「アーツ・アンド・クラフツ運動」は、やがてリバティ商会のようなプロダクトへ。さらにはアメリカのティファニーや建築家フランク・ロイド・ライトへと世界各地で多様に展開しました。本展ではテキスタイルや壁紙、家具、タイル、ガラス、アクセサリーなど約170点を通してその広がりを紹介します。

  • 顕神の夢 ―幻視の表現者― 村山槐多、関根正二から現代まで

    顕神の夢 ―幻視の表現者― 村山槐多、関根正二から現代まで2023.8.26(土)-2023.10.15(日)

    「顕神の夢」とは、人知を超えたどこかから「何か」がやって来るという感覚や霊的な体験を創作のモチベーションとする表現者たちの心情を仮に名付けたものです。本展では、神の姿を無心に映し出す者、幻視体験を作品化する者、目には見えない「光」を色彩で表そうとする者たちなどに注目し、彼らの作品をそれにふさわしい尺度、いわば「霊性の尺度」で見直すことで、それらがもつ豊かな力の再発見、再認識を試みます。

  • 芥川龍之介と美の世界 二人の先達─夏目漱石、菅虎雄

    芥川龍之介と美の世界 二人の先達─夏目漱石、菅虎雄2023.10.28(土)‐2024.1.28(日)

    芥川龍之介(1892-1927)の文学は美術と深く関わるという点で夏目漱石(1867-1916)の文学と共通する部分があります。晩年の漱石に才能を見出された芥川は、漱石を師と仰ぎました。久留米出身の菅虎雄(1864-1943)は、芥川の第一高等学校時代のドイツ語の師にして漱石の親友、また漱石と芥川から書家として一目置かれる存在でもありました。本展では、芥川と美術の関わりを軸に、芥川の眼を通した美術世界を紹介するとともに、三人の交流にも注目します。

  • ちくごist 尾花成春

    ちくごist 尾花成春2024.2.10(土)‐2024.4.14(日) 2024.4.20(土)‐2024.7.7(日) ※延期になりました

    青木繁や坂本繁二郎を育んだ久留米及び筑後の地にゆかりのある作家を紹介する「ちくごist」シリーズの第1回。現在のうきは市に生まれた尾花成春(1926-2016)は、故郷である筑後の地で仕事と並行して制作を行い、前衛美術集団「九州派」での活躍や15年以上描き続けた「筑後川シリーズ」などで知られています。本展では、初期から晩年までの作品に資料も加え、ひたすら筑後で制作することにこだわった尾花成春の全貌を紹介します。

    尾花成春《黄色い風景》1958年 久留米市美術館蔵
ページの先頭へ