展覧会

没後35年 鴨居玲展 静止した刻

2020.09.12(土)-2020.12.06(日)

没後35年 鴨居玲展 静止した刻

鴨居玲(1928-1985)は石川県金沢市に生まれ、金沢美術工芸専門学校(現 金沢美術工芸大学)で宮本三郎に学びました。1969年の安井賞受賞で一躍脚光を浴びると制作の拠点をフランスやスペインに移し、老人や酔っ払いに自身の姿を重ねる独自のスタイルを確立。1977年に帰国し、神戸にアトリエを構えてからは、裸婦像の制作に本格的に取り組むなど新たな展開を見せますが、突如57歳で自らの人生に幕を下ろしました。
人間の弱さや醜さに目を背けず、ひたすら人間の内面を描き続けた鴨居玲。確かなデッサン力で描かれた老人や酔っ払い、宙に浮かぶ教会やおびただしい数の自画像といった作品の数々は、美醜を超えて人間の極限的なものを私たちに突きつけます。
没後35年の節目に開催する本展では、出世作となった安井賞受賞作《静止した刻》や《1982年 私》などの代表作を含む約100点の作品と資料によって「人間とは何か?」を問い続けた画家、鴨居玲の全貌を紹介します。

出品目録(PDF/694KB)

見どころ

第1章 模索 〜煩悶する若き画家〜

金沢美術工芸専門学校在学中から二紀展に入選するなど、早くから才能を認められていても自分の画風が確立できなかった青年時代。抽象画か具象画か、時流に翻弄されながら煩悶する若き画家は、単身で渡ったブラジルにて具象画の可能性を見出し、《静止した刻》によって安井賞受賞を果たしました。

  • 《夜(自画像)》1947年<br />
笠間日動美術館
    《夜(自画像)》1947年
    笠間日動美術館
  • 《風船と女》1965年<br />
神戸市立小磯記念美術館
    《風船と女》1965年
    神戸市立小磯記念美術館
  • 《静止した刻》1968年<br />
東京国立近代美術館
    《静止した刻》1968年
    東京国立近代美術館

第2章 画風の確立へ 〜充実の日々〜

1971年、鴨居はスペインへと渡ります。鴨居が「私の村」と呼んだバルデペーニャス。ここでの暮らしは、わずか9ヵ月ほどの短い期間でしたが、いくつもの傑作が生み出され、鴨居の生涯で最も充実した日々となりました。1974年にはパリでの個展も成功を収め、生活の拠点をスペインからフランスに移します。

  • 《私の話を聞いてくれ》1973年<br />
長崎県美術館
    《私の話を聞いてくれ》1973年
    長崎県美術館
  • 《村の楽隊》1977年頃<br />
個人蔵
    《村の楽隊》1977年頃
    個人蔵
  • 《私の村の酔っぱらい》1973年<br />
公益財団法人ひろしま美術館
    《私の村の酔っぱらい》1973年
    公益財団法人ひろしま美術館

第3章 終焉への道 〜ふたたびの煩悶〜

1977年、6年間の海外生活に区切りを付けて帰国した鴨居は、神戸にアトリエを構えました。自画像の制作を本格化させ、新たな課題として裸婦にも挑戦する鴨居。スペイン時代の老人や酔っ払いに代わる新たな画題を求めて苦心しながら、自身の集大成ともいえる代表作《1982年 私》を完成させた3年後、鴨居は突如として自らの人生に幕を引きました。

  • 《酔って候》1984年<br />
石川県立美術館
    《酔って候》1984年
    石川県立美術館
  • 《1982年 私》1982年<br />
石川県立美術館
    《1982年 私》1982年
    石川県立美術館
  • 《自画像(絶筆)》1985年<br />
笠間日動美術館
    《自画像(絶筆)》1985年
    笠間日動美術館

基本情報

会期
2020.09.12(土)-2020.12.06(日)
会場
久留米市美術館 本館2階
入館料
個人 団体
一般 1,000円 800円
シニア 700円 500円
大学生 500円 300円
高校生以下 無料 無料
前売り (Pコード685-258/Lコード86699) 600円
*団体料金は15名以上、シニアは65歳以上。
*身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳等の交付を受けている方とその介護者1名は、一般個人料金の半額となります。
*前売券はチケットぴあ、ローソン各店にて販売中。
*メンバーシップ「みゅ〜ず」のミュージアム会員は無料(年間フリーパス特典有り。同伴者1名まで無料)、スタンダード会員は団体料金にてご入館いただけます。
*メンバーシップ「みゅ〜ず」の会員制度は、こちらをご覧ください。
主催
久留米市美術館、読売新聞社、テレQ
協力
公益財団法人日動美術財団
後援
久留米市教育委員会
スペシャルパートナー
株式会社ブリヂストン
オフィシャルパートナー
学校法人久留米大学、株式会社筑邦銀行、株式会社森光商店、喜多村石油株式会社、株式会社ユー・エス・イー、株式会社CIG
ページの先頭へ