施設案内

花情報

見頃の花

  • サザンカ(山茶花)

    アーモンド

    見頃:3月中旬

    アーモンドは、ヨーロッパでは春を告げる花といわれており、淡いピンク色の花を咲かせます。石橋文化センターでは、美術館南側花壇、楽水亭東側などに植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    スモモ

    見頃:3月中旬

    中国原産の落葉小高木で、白い花を咲かせます。石橋文化センターでは、楽水の池周囲と坂本繁二郎アトリエ北側に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    ユキヤナギ(雪柳)

    見頃:3月上旬~

     春の雪のように、白い小さな花を枝いっぱいに穂状につけます。石橋文化センターでは、楽水の池周囲に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    ワイルドフラワー

    見頃:3月中旬~

     日本語で直訳すると「野生草花」となるワイルドフラワーは、園芸用草花の中から種子の直播が可能で美しい花を咲かせる草花の総称です。石橋正二郎記念館南側花壇に多くの種類の花を咲かせています。

  • サザンカ(山茶花)

    ルピナス

    見頃:3月下旬~

     一年草もしくは二年草の草花で、その花のかたちや咲き方から日本では「昇り藤」と呼ばれています。藤と同じマメ科の植物で、花の形も似ています。花色は青、赤、ピンク、オレンジ色などがあり、とてもカラフルです。園内花壇に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    アイスランドポピー

    見頃:3月上旬~

     アイスランドポピーは、早春~春にかけてパステルカラーで薄紙のような大きな四弁花を咲かせる耐寒性・非耐暑性の多年草(園芸上は秋蒔き一年草)です。 茎や蕾に毛が生えており、俯きかげんだった蕾は開花時になると上を向き紙のように薄い花を咲かせます。 ポピーの中では一番早く開花し、花色も豊富で人気があります。

  • サザンカ(山茶花)

    チューリップ

    見頃:3月下旬~

    チューリップの語源は、学名(トゥーリパ・ゲスネリアーナ)のトゥーリパからきています。トゥーリパはトルコでターバンを意味する「ツルバン」。16世紀にトルコ駐在の神聖ローマ帝国大使がチューリップを見て、花の名前を現地のトルコ人に訊ねたときそのトルコ人が花の形のことを聞いているのだと勘違いして「ツルバン」と答えたのが始まりだといわれています。
    園内花壇に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    サクラ(桜)

    見頃:3月下旬~

     白色や、淡紅色から濃紅色の花を咲かせます。園芸品種が多く、とくに江戸末期に開発されたソメイヨシノ(染井吉野)は明治以降全国各地に広まり、サクラの代名詞となりました。
    石橋文化センターでは、カッパ噴水~坂本繁二郎アトリエ周辺に、ソメイヨシノなど5品種150本のサクラを植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    ジンチョウゲ(沈丁花)

    見頃:3月上旬~

    ジンチョウゲは2月末から3月にかけて咲き始めることから春を知らせる木と言われています。花には花弁がなく、花のように見えるのはガクです。春の夜に遠く前香が届くという事で、千里花とも呼ばれます。強い香りのために、お茶の席などでは「禁花」とされていたといいます。

  • サザンカ(山茶花)

    ノースポール

    見頃:12月~5月

    ノースポールはキク科キク属の半耐寒性一年草植物で、12月から翌5月にかけ、マーガレットによく似た白い花を咲かせます。
    石橋文化センターでは、正門およびペリカン噴水周囲の花壇に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    ツバキ(椿)

    見頃:3月中旬~

    冬のイメージがありますが、文字通り、3月~5月頃に開花する春の木です。品種によっては12月頃から開花するものもあります。古くから観賞用の庭木として栽培されていて、江戸時代にはブームにもなったほど人気がありました。その頃、様々な品種が改良され、現在も多数残っています。園内で3月中旬~下旬頃につばきまつりも開催しております。尚、開花状況は種類によってことなります。

ページの先頭へ