施設案内

花情報

見頃の花

  • サザンカ(山茶花)

    四季の花壇(秋)

    見頃:10月上旬-

    みどりのリズム像周辺花壇の植替えを行いました。
    歩を進めるたびに変化してゆく「ボーダーガーデン」(石橋正二郎記念館前)、雑木の庭とイングリッシュガーデンを組み合わせた「ナチュラルガーデン」(久留米市美術館南側)、ケヤキの樹林に抱かれ、森林浴を楽しめる「ナチュラルセラピーガーデン」(中央図書館南側)など、園内には大小約20カ所の花壇があります。
     総面積は約1,000㎡で、年間2~3回の植替えにより、園内に植栽されている花木とともに、季節に応じて違った風景をお楽しみいただけます。

  • サザンカ(山茶花)

    スイフヨウ(酔芙蓉)

    見頃:7月~

    朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方から夜にかけては紅色になります。お酒を飲んだ女性の頬がほんのりと紅く染まっていくのに似ていることからこの名がついたといわれています。朝に咲き、夕方にはしぼんでしまう一日花です。石橋文化センターでは、坂本繁二郎旧アトリエ東の広場に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    スイレン(睡蓮)

    見頃:5月下旬~

    和名はヒツジグサ(未草)といい、ヒツジは時刻を表す「未の刻(今の午後2時)」に咲くからということでその名がついたといわれていますが、実際は明るくなると開き、暗くなると閉じます(天候にもよりますが、石橋文化センターの睡蓮は午後になると閉じ始めます)。睡蓮という名も夜に寝ているハス(蓮)ということでついたのでしょう。ハスに似ていますが、水面から突き出るハスと違って、長い茎を伸ばして水面に浮かぶように葉や花をつけるところが特徴です。園内の池に植栽しています。

ページの先頭へ