施設案内

花情報

見頃の花

  • サザンカ(山茶花)

    ハナショウブ(花菖蒲)

    見頃:5月下旬~6月上旬

    ハナショウブは、ノハナショウブから江戸時代はじめまでに栽培品種化された古典園芸植物で、花の色は白、ピンク、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれています。大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類されますが、昨今の改良で系統色は薄まっています。園内の花しょうぶ園には、約30品種1万株を植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    アジサイ(紫陽花)

    見頃:6月上旬~下旬

    梅雨の季節、一際美しいのがアジサイです。咲き始めから落花まで花色が変化することから「七変化」とも呼ばれます。石橋文化センター園内には、花しょうぶ園周囲をはじめ、多数のアジサイが植えられています。

  • サザンカ(山茶花)

    スイレン(睡蓮)

    見頃:5月下旬~7月下旬

    和名はヒツジグサ(未草)といい、ヒツジは時刻を表す「未の刻(今の午後2時)」に咲くからということでその名がついたといわれていますが、実際は明るくなると開き、暗くなると閉じます(天候にもよりますが、石橋文化センターの睡蓮は午後になると閉じ始めます)。睡蓮という名も夜に寝ているハス(蓮)ということでついたのでしょう。ハスに似ていますが、水面から突き出るハスと違って、長い茎を伸ばして水面に浮かぶように葉や花をつけるところが特徴です。園内の池に植栽しています。

  • サザンカ(山茶花)

    バラ(薔薇)

    見頃:5月上旬~下旬

    石橋文化センターには開園間もない頃よりバラ園があり、バラは石橋文化センターのシンボル的な花となっています。春バラは全ての品種がほぼ一斉に花を咲かせ、花も大きく華やかで見ごたえがあります。美術館前バラ園・香りのバラ園・著名人のバラ園に植栽しています。

ページの先頭へ